スペースウェザークラブ
リンク

  

リンク

スペースウェザー協会スペースウェザークラブを管理している機関です。
星槎グループスペースウェザークラブの事務局があります。

宇宙天気情報

●九州大学宙空環境研究センター
宇宙天気概況(太陽活動、惑星間空間、地球磁気圏)の最新情報を更新

Pc5 Index(太陽風速度の指数): 地上磁場の地磁気脈動の観測をもとに、
太陽風速度を見積もった指数です。

EE Index(赤道ジェット電流の指数):赤道付近のいくつかの観測点での
磁場変動データを使って計算された磁気嵐の程度を表す指数の1つです。

●鹿児島工業高等専門学校
宇宙天気ニュース(宙空環境の情報を分かり易く毎日更新)

●北海道大学大学院理学院  惑星宇宙グループ
大気圏やプラズマ圏のモデル情報、プラズマ流失量情報など

観測データサイト

太陽画像モニター:様々な太陽観測データをまとめてあります。
黒点群の数や位置などの確認ができます。
また、過去の太陽の画像も見えます。
太陽画像モニターに関してはこちらのサイト で詳しく説明しています。

<観測衛星の紹介> :宇宙天気では多くの人工衛星のデータが使用されています。
宇宙天気で使用されている衛星、観測データを紹介&説明してあります。
観測衛星の紹介(1)

SOHO衛星(NASA/ESA)による最新の太陽データ
SDO衛星(NASA) による最新の太陽データ
STEREO衛星(NASA) による最新の太陽データ
ひので衛星(JAXA/NAOJ)による最新の太陽データ

●静止衛星GOES(NOAA/SWPC) による最新の放射線データ
1:X線強度
2:プロトン粒子の密度

太陽風データ
ACE衛星(NOAA/SWPC)によるデータ
24時間3日間7日間

磁気圏データ
●静止衛星GOES(NOA/SWPC)による 高エネルギー電子磁場の変動
の観測データ。 静止衛星のため、昼側と夜側のデータがあります。

地上データ
Kp指 数(NOAA/SWPC):サブオーロラ帯の地上の磁場観測から計算された 地磁気の擾乱の程度を表す指数の1つ。 3時間に1つの値が計算されます。
AE指 数(京都大学大学院理学研究科附属地磁気世界資料解析センター): オーロラ活動の程度を示す指数の1つ。
DST指 数(京都大学大学院理学研究科附属地磁気世界資料解析センター)
:磁気嵐の程度を示す指数です。

過去のデータ NOAA/SWPC) 2/18追加!
次のサイトからは過去の観測データの3日間のグラフを見る事が出来ます。
SWPC FTPサーバー
データは上から順に,
X線強度(GOES衛星)
高エネルギー電子密度(GOES衛星)
プロトン粒子密度(GOES衛星)
静止軌道の磁場(GOES衛星)
そして地球磁気圏の擾乱状態を示す1つの指数であるKp指数のデータとなっています。

その他の便利サイト

宇宙天気情報センター(NICT) :宇宙天気の情報をまとめたサイトです。

Today's Space Weather:今日の スペースウェザー(宇宙天気)情報をまとめた
NOAA/SWPCによる情報サイトです。 X線フレア、磁気圏の情報などがまとめてあります。

Spaceweather.com:スペースウェザーについての サイトです。 オーロラやフレアが発生したときなどに動画がUpされていたり、オーロラのギャラリーなども 見る事が出来るサイトです。
(例)2011年2月のオーロラギャラリー(奇麗なオーロラの写真集!)(©spaceweather.com)
(例)2007年のマックノート彗星ギャラリー(昼間も見えた明るい彗星!)(©spaceweather.com)

Space Weather Prediction Center(NOAA)

宇宙天気用語集(NICT)(分からない言葉はここで調べましょう!!)