スペースウェザークラブ
今日の宇宙天気(初級)

  
最新の太陽

SDO衛星による現在の太陽画像

今日の宇宙天気(初級)

最近の宇宙天気情報を見てみましょう!

太陽の情報

<本日の太陽のデータ>


本日の太陽:SDO衛星(NASA)

太陽黒点: HMI Continuum観測装置による本日の太陽の黒点

太陽黒点画像例
©SDO(NASA)

<最新の黒点情報>
SWC宇宙天気情報センター 黒点情報

下のグラフは、SIDC による過去約50年間の黒点数の変化です。
左側の軸の数字が黒点の数を表しています。下の軸が年代を表しています。
青い線は実際の観測値(月に1つの値)、赤い線は全体を滑らかにつなげた線です
黒点の数が多いときは、太陽活動が活発、少ないときは静穏な時期ということになります。
現在は極小の時期(黒点が全くない)から極大へ向かっている途中と思われます。
(2012年5月20日に下の画像を新しく更新しました。)





<宇宙天気の主な情報>
太陽に関する最新の各種観測データを見ることができます
宇宙天気概要 GOES衛星(NOAA)による現在の宇宙天気概要


太陽風 GOES衛星(NOAA)による太陽風観測

X線の強さ GOES衛星(NOAA)によるX線観測

プロトン(陽子)の粒子密度 GOES衛星(NOAA)によるプロトン粒子観測



<最新の宇宙天気ニュース>
篠原先生による現在の宇宙天気ニュース


下の図は、太陽の活動状態を静穏、やや活発、活発の3段階で 表わしています。
<太陽活動の状態(3段階)>
静穏:Bクラス以下
やや活発:Cクラスのフレア
活発:M、Xクラスのフレア
静穏 やや活発活発

X線フレアについての詳しい説明はこちら

オーロラ情報

オーロラ3日予報

オートラ30分予報